Caché が起動時に必要とするポートはどのようなものがありますか?

起動中に必要とするポートは、次のとおりです。
(ポート番号はデフォルト設定の場合です。)

  1.  1972 : Cachéのスーパーサーバポート(管理ポータルで変更可能)
    Caché起動のために、必須のポートです。
    このポートが使用できないとCachéは正常に起動しません。
     
  2. 4001 : Caché ライセンスサーバポート(管理ポータルで変更可能)
    Cachéがライセンスサーバになる場合、必要なポートです。
    このポートが使用できないと、正しいライセンス情報が取得できません。
    ライセンスクライアントについては、このポートは必須ではありません。
     
  3. 23 : Caché Telnetポート(管理ポータルで変更可能)

    CachéサーバがWindowsで、かつ、クライアントからCachéターミナルによる操作を行う場合にのみ、必要なポートです。
     
  4. 57772 : 管理用Webサーバポート(管理ポータルで変更可能)

    Caché管理ポータル・ドキュメント用に自動起動する、Webサーバポートです。
     
  5. 7001 : WebLink CGIポート(NSD起動コマンドのオプションで変更可能)

    WebLinkをCGI経由で実行するときにのみ、必要なポートです。
    これはWebサーバで使用するポートです。
     
  6. 7038 : CSP CGI ポート (NSD起動コマンドのオプションで変更可能)

    CSPをCGI経由で実行するときにのみ、必要なポートです。
    これはWebサーバで使用するポートです。
     
  7. 2188 : ISCAgentポート(管理ポータルで変更可能)
    ミラーリングを使用するときにのみ、必要なポートです。

※ミラーリングは、Caché2010.2以降で使用できるレプリケーション機能です。

Cachéのスーパーサーバポートについては、IANAのPort番号一覧で明記されております。
 

intersys-cache 1972/tcp Cache
intersys-cache 1972/udp Cache

 
以下ページをご参照ください。
 iana.orgのページ


該当する製品: Caché, Ensemble, HealthShare/Caché Based
関連トピック:
添付ファイル:

アンケートにご協力をお願いします
このトピックは参考になりましたか?
このトピックに関するお問い合わせ

FAQトップに戻る