チーム開発を行う際に必要なソース管理の仕組みはありますか?

InterSystems Data Platform(以下IDP)自身には、ソース管理を行う機能はありません。

2016.2以降のバージョンをご使用の場合、ソース管理には Eclipse ベースの新しい統合開発環境である Atelier(アトリエ)を使用されることを推奨します。

Atelier を使用する場合、Atelier クライアントにもソースコードをファイル形式で保持するので(*.cls, *.mac, *.csp など)、ソースコントロールシステムとの連携も楽に行えます。

Atelier は、Eclipse 用のソースコントロールプラグインを使用することが可能です。
※Eclipse 対応 Subversion、EGit(Git対応)、Perforce プラグインなど

Atelier のEclipse Plugin のダウンロードや利用方法詳細については、以下ドキュメントをご参照ください。
インターシステムズ製品での開発について
※ ダウンロードについては、「Atelier をダウンロードする(英語)」のリンクをご覧ください。
※ 利用方法詳細については、以下ドキュメントをご参照ください。
Atelier利用ガイド

---
2016.2より前のバージョンをご使用の方でも使用できる方法としては、IDP のIDEであるスタジオに、外部のソース管理ツール、製品と連携するためのフック機能があります。

このフック機能は、複数のAPIで構成されており、お客様毎にご自身の環境に合わせて、作りこむことを前提に提供されております。

よく使われるマイクロソフトのVisual Source SafeとSubversion(SVN)については、インターシステムズで、テンプレートを用意しています。

このテンプレートを利用すると、作りこみの作業を短縮することが可能です。

テンプレートにつきましては、カスタマーサポートセンターまでお問い合わせ下さい。


該当する製品: Caché, Ensemble, HealthShare/Caché Based, IRIS Data Platform, HealthShare/IRIS Based, IRIS for Health
関連トピック: Atelier(アトリエ)について説明してください
添付ファイル:

アンケートにご協力をお願いします
このトピックは参考になりましたか?
このトピックに関するお問い合わせ

FAQトップに戻る