ターミナルでプログラム実行中にエラーが発生した際、プロンプトを元に戻す方法は?

ターミナルでルーチンを実行し、プログラム上でエラーが発生した時に、エラートラップを適切に設定していない場合、以下のようなデバッグモードになります。
 

USER>do ^error1
 write A
^
a+2^error1 *A
USER 2d0>


この状態から、ルーチン起動の前の状態に戻るにはQuitコマンドを入力します。
 

USER 2d0>Quit



またエラーが発生したルーチン内でトランザクション処理を行なっている場合には、以下のような表示のプロンプトになります。
 

USER>do ^error1
 write A
^
a+3^error1 *A
TL1:USER 2d0>q
TL1:USER>


このようにプロンプトの先頭にTL+数字が表示されている場合には完了していないトランザクションがあることを示しています。

この状態ではQuitコマンドを入力しても元のプロンプトには戻りません。

最初にTrollbackコマンドを入力し、その後でQuitコマンドを実行することで元のプロンプトに戻ります。
 

TL1:USER>Trollback


該当する製品: Caché, Ensemble, HealthShare/Caché Based, IRIS Data Platform, HealthShare/IRIS Based, IRIS for Health
関連トピック:
添付ファイル:

アンケートにご協力をお願いします
このトピックは参考になりましたか?
このトピックに関するお問い合わせ

FAQトップに戻る