CachéルーチンやクラスメソッドをWindowsのコマンドプロンプトから呼び出す方法はありますか?

ccontrol コマンドを使用することで可能です。
ccontrol コマンド(ccontrol.exe)は、\bin にインストールされています。

書式:

ccontrol run インスタンス名 tag^routine([parameter-list]) ネームスペース名
ccontrol run インスタンス名 ##CLASS(package.class).method([parameter-list]) ネームスペース名


インスタンス名は、管理ポータル(システム管理ポータル)の右上にある [インスタンス:] に表示されている文字列です。
実行する環境に応じて一部の文字 ^ や " をエスケープする必要があります。

例: USERネームスペースで do info^test(123,"abc") を実行します。

c:\intersystems\cache\bin\ccontrol run cache info^^test(123,""""abc"""") USER


または

c:\intersystems\cache\bin\ccontrol run cache "info^test(123,""abc"")" USER


【注意】
ccontrolコマンドを使用する場合、認証方法を指定することができないため、ログインユーザをあらかじめ必ず指定しておく必要があります。
※管理ポータル:[システム管理] > [セキュリティ] > [サービス] より、%Service_Console サービス の認証方法で指定

例えば、
 「認証なし」:UnknownUserでログイン
 または
 「オペレーティングシステム認証」:OSログインユーザでログイン
のどちらかにチェックを入れる必要があります。

OS認証許可

コンソールの認証:OS認証許可
※オペレーティングシステム認証(OS認証)について
オペレーティングシステム(OS)のログインユーザでCache'にログインします。

こちらの認証を使用する場合、OSログインユーザと同一ユーザをCachéに作成する必要があります。
ユーザ名のみ同一のユーザを作成してください。パスワードは異なっても構いません。詳細は以下ドキュメントをご参照ください。
オペレーティング・システム・ベースの認証構成について
 


該当する製品: Caché, Ensemble, HealthShare/Caché Based
関連トピック:
添付ファイル:

アンケートにご協力をお願いします
このトピックは参考になりましたか?
このトピックに関するお問い合わせ

FAQトップに戻る