アプリケーションから明示的にエラー詳細情報をログ出力する方法を教えてください。

アプリケーションでエラーを検出した際に、エラー・トラップ・ユーティリティ(%ETN)を使用することにより、エラー詳細情報を明示的に ログ出力させることが出来ます。

%ETNの使用方法についてはサンプルをご参照ください。

記録されたログは下記の方法でご確認頂けます。

・Caché2011.1以降
 管理ポータルの[システムオペレーション] > [システムログ] > [アプリケーションエラーログの表示] で、該当ネームスペースと日付を選択して表示。

・Caché5.1以降
 システム管理ポータルの[ホーム] > [システムログ] > [アプリケーションエラーログの表示] で表示。



またログの確認はエラー・レポート・ユーティリティ(%ERN)でも参照することが可能です。

%ETN、および%ERNの詳細についてはエラー・トラップ・ユーティリティについてをご参照ください。

 


関連トピック: ^ERRORSにエラーをログするために^%ETNを使いたいのですが、^%ETNは必ずHALTしてしまいます。どうすればいいですか?
添付ファイル: 参考資料(zip)

アンケートにご協力をお願いします
このトピックは参考になりましたか?
このトピックに関するお問い合わせ

FAQトップに戻る