ブレークスルーアプリケーションとはどのようなものですか?

昨今アプリケーション構築のニーズがかわりつつあります。業務を自動化、効率化する従来型のトランザクション型アプリケーションの構築ニーズはほぼ満たされました。

代わりに業務プロセスの遂行を最適化するためにアプリケーション連携、システム連携および業務プロセスに関わる人々の作業効率化、新たな価値創造にシステム構築のフォーカスが移っています。

インターシステムズは、このアプリケーション開発ニーズの変化をブレークスルーアプリケーションという言葉で表現しています。

ブレークスルーアプリケーションの構築にはいくつかの要素があります。

第一にマスパーソナリゼーションの流れです。

従来の端末はPCが主流でしたが、今後はスマートフォンやタブレットをアプリケーションの端末として使いたいというニーズが増加することが予想されます。

従来の様な固定的な表示、入力方法ではなく様々なデバイスに最適化された表示、入力方法が求められてきます。

さらにその流れの延長として個人の好みを反映した表示、入力方法も求められることでしょう。

入力デバイスが多様化することにより、人は場所、時間を問わず情報にアクセスできるようになります。

2番目は、100%のデータ利用です。

従来アプリケーションで取り扱うデータは数値、文字列データを主体としたいわゆる構造化されたデータのみでしたが、ブログ、ツィート、ワード文書、エクセル表、様々なドキュメントなどの構造化されていないデータに実は重要なデータが含まれているという認識が高まっています。

3番目は、知的な行動を促すという流れです。

従来のビジネスインテリジェンスは、トランザクションデータからデータウェアハウスを構築し、そのデータを分析することによって過去に何が起こったかを判断するものでした、そしてそれはデータ分析を専門とする限られた人のみの作業でした。

しかし、業務プロセスを最適化、進化させていくためには、実際に業務に関わる人々が行動を起こす際に正しい判断を下すための知見が得られるような仕組みが求められています。 

これは従来のデータウェアハウスのように時間をかけて構築するアプローチでは実現不可能でトランザクションデータをリアルタイムで分析する仕組みが求められています。

ブレークスルーアプリケーションに関しては、以下のBloor社作成の白書にも記載があります。
以下ドキュメントをご参照ください。
ブレークスルーアプリケーションの構築について


関連トピック: インターシステムズという会社を簡単に説明してください。
関連トピック:インターシステムズの技術の優位性は何ですか?
添付ファイル:

アンケートにご協力をお願いします
このトピックは参考になりましたか?
このトピックに関するお問い合わせ

FAQトップに戻る