IRISのInterOperability機能についてを簡単に説明してください

InterSystems IRIS Data Platform(以下IRISと表記)のInteroperability機能を使うと、システムを統合するための作業が楽になります。 

IRISにはシステム接続のための様々なアダプタが用意されており、そのアダプタが適用できるケースではシステムに手を加えることなく接続が可能です。 

IRISでは流れるメッセージが全て永続化されるため、後ほどトレースして障害原因をすばやく特定できたり、途中障害が発生して止まった処理も障害を取り除いた後、その途中から再開が可能です。 

IRISにはデータベースエンジンが内蔵されているので、統合データベース、データウェアハウスの構築が容易です。

IRISにはBPM(ビジネスプロセス管理)機能が組み込まれているため複数システムを組み合わせたプロセスを柔軟に構築可能です。

IRISにはBAM(ビジネスアクティビティモニタリング)の機能が組み込まれているため流れるデータをビジュアル化(ダッシュボード)できます。

 

該当する製品: 一般的質問
関連トピック:
添付ファイル:

アンケートにご協力をお願いします
このトピックは参考になりましたか?
このトピックに関するお問い合わせ

FAQトップに戻る