Caché Activate機能を Windows 64ビット OS で使用することはできますか?

2014.1よりWindows 64ビット OS上でもActivate機能がサポートされるようになりました。

但し、Windows 64ビット OS上でこのActivate機能を使って32ビットのActiveXオブジェクトを利用することはできません。

Windows 64ビット OS上でActivate機能を利用するためには64ビット化されたActiveXオブジェクトが必要です。

現状64ビット対応したActiveXオブジェクトは非常に数が限られています。

代表的なものとしてMicrosoft Office 2013の64ビット版で、ExcelなどのActiveXオブジェクトに対してActivate機能をWindows64ビットOS上で利用可能なことが確認されています。

Microsoft Office 2010にも64ビット版が存在しますが、このバージョンに対してWindows64ビットOS上でActivate機能が動作するかどうかは確認が取れていません。

Caché Activate機能は、現在ではMicrosoft社も使用を推奨していない古い技術であるActiveXに依存していますので、新規開発に使用することは推奨されません。

以下代替策を使用することを推奨いたします。

  1. JavaScript API for Officeを使い、JavaScriptとCaché間でREST,JSON等を使い連携する。
  2. ZenレポートのExcelスプレッドシート出力
  3. .NET 用Cachéゲートウェイ

  1は、Microsoft社もOffice製品を外部から制御する方法として、これを推奨しています。
  2は、Caché データベースのデータから Excel スプレッドシートを生成することができます。
  3は、Excelへアクセスするための.Netアセンブリを作成していただき、Caché からその .NET アセンブリを呼び出す形になります。
 (個別の外部プログラム、Excel等に特化したサンプルは用意しておりません)

.Netゲートウェイの詳細は、以下のドキュメントをご参照ください。
Caché .NET ゲートウェイの使用法について


該当する製品: Caché, Ensemble, HealthShare/Caché Based
関連トピック: CachéからExcelを操作することはできますか?
関連トピック:Activateしたクラスのメソッドを呼び出すとエラーになります
添付ファイル:

アンケートにご協力をお願いします
このトピックは参考になりましたか?
このトピックに関するお問い合わせ

FAQトップに戻る