CSP(REST)に関するトラブルシューティングに使用できるツールはありますか。

ISCLOG を有効にすることにより、CSP(REST)アクセスに関連するログ情報を収集できます。これを使用してトラブル時の調査を行うことが可能です。

手順は以下のとおりです。

① ログをクリアします。

   Kill ^%ISCLOG


② ロギングレベルを設定します。

  Set ^%ISCLOG=3

 

------------------------------------
#0 ― ログを記録しません。
#1 ― 例外的なイベント (エラー・メッセージなど) のみをログに記録します。
#2 ― 'method ABC invoked with parameters X,Y,Z and returned 1234' などの詳細な情報をログに記録します。
#3 ― HTTP 要求から受け取ったデータなどの未処理のデータをログに記録します。
------------------------------------


③ CSPでエラーになる処理を行います。

④ ロギングを無効に設定します。

  Set ^%ISCLOG=0


⑤ 詳細ログは、^ISCLOGグローバルに保存されます。
 ※Cachéでは、^%ISCLOGグローバルに保存されます。

ISCLOGの詳細については、以下のドキュメントをご参照ください。
ISCLOGについて

ログの内容について、インターシステムズで解析が必要な場合には、以下の手順でグローバルをエクスポートし、カスタマーサポートセンターまでご連絡ください。

【グローバルエクスポート手順】
ターミナルで以下の要領で ^ISCLOG グローバルをエクスポートします。
※Cachéでは、^%ISCLOGグローバルをエクスポートします。
グローバルエクスポートファイル(isclog.gof)をお送りください。

USER>zn "%SYS"
%SYS>d ^%GOF
Write globals to file/tape for fast input to InterSystems IRIS
Device: e:\temp\isclog.gof
           file format: ("UNW*") =>
          Maximum media size (bytes):  (No maximum)
Enter a short description of the contents of this tape or file
Description:
All Globals? No => No
Global ^ISCLOG
Global ^
1 global selected from 61 available globals.
 
All globals that are mapped to another namespace will not be saved.
Use %GO or GUI Cache format to save this data.
^%ISCLOG                                         1 data block written
1 blocks written in  0 minutes,   0 seconds
%SYS>

 


該当する製品: Caché, Ensemble, HealthShare/Caché Based
関連トピック: CSPでエラーが起きたときの情報はどこに記録されていますか?
添付ファイル:

アンケートにご協力をお願いします
このトピックは参考になりましたか?
このトピックに関するお問い合わせ

FAQトップに戻る