戦略的相互運用性(Strategic InterOperability)とはどういう意味ですか?

ほとんどの企業や事業体が情報の共有について議論する際に、私たちが従来型のインタフェースと呼ぶものが議論の中心となっています。

従来型のインタフェースでは2つのアプリケーションが手をつなぎアプリケーション上のデータを同期します。

これらの取引にはビジネスルールやガイドラインといったものはほとんどありません。

システム連携が成功するため、そして価値のある相互運用性を実現する、さらにデータ取得とデータ共有の要件を満たすためにはもっと洗練され、もっと容易にエンドユーザ(人、システム、組織、企業、事業体)の要求が取り込めるシステムが必要です。

インターシステムズは、これを戦略的相互運用性と呼びます。

戦略的相互運用性によってデータを共有しているアプリケーションは各データ提供者と各データ受信者の間に各アプリケーションから独立した独自のデータ要求方法の特定の要件を持っていることがわかっています。

個々のアプリケーションではなく、このデータの共有を可能にするプラットフォームまたはテクノロジがこれらのルールとガイドラインを維持すべきで、エンドユーザーが受け取り可能な方法でデータを配布すべきです。

ここに戦略的相互運用性の5つの本来の状態(5 Right Things)と呼ぶものがあります。

つまり、

正しいアクションを導くには、アプリケーションは正しいデータを適正な量で正しい人に適切な時間に提供すべきであるということです。(Right Data,Right Amount,Right Peson, Right Time, Right Action)


関連トピック:
添付ファイル:

アンケートにご協力をお願いします
このトピックは参考になりましたか?
このトピックに関するお問い合わせ

FAQトップに戻る