Version 2016.1.x ~
  データベースファイル のサイズを圧縮したいのですが、どのような方法がありますか?

※データベースファイル:IRIS.DAT、および、CACHE.DATのことを指します。

2015.1.3、2015.2.2 以降のバージョンより、データベースファイル のサイズの縮小に、データベースの「圧縮」と「未使用領域の削除」機能をあわせて使用できます。

※注意※
2015.1.3、2015.2.2 より前のバージョンでは、データベースの「圧縮」機能は使用できません。使用された場合、データベース破損が引き起こされる可能性があります。(「未使用領域の削除」機能はご使用いただけます。)
詳細情報は下記弊社ウェブサイト内のページをご確認ください。
製品ニュースとアラート>警告:データベース圧縮の障害
 

データベースサイズ縮小の手順は以下のようになります。
【手順】
管理ポータル: [システムオペレーション] > [データベース] 
と進み、左上の[空き容量]ボタンを押下して、データベースの空き容量を表示します。

①右端の「圧縮」機能により、データベースファイルの使用していないブロックを後ろに集めます。
-------------------------------------------------------------------------------------- 
●●○●●○○●○○ というCACHE.DATに「圧縮」を実行すると
●●●●●○○○○○ このようになります (左が前方)
-------------------------------------------------------------------------------------- 

②その後、「未使用領域削除」機能により、後方に集めた未使用ブロックを削除してデータベースファイルのサイズを縮小します。
----------------------------------------------------------------------------------------- 
●●●●●○○○○○ というデータベースファイルに「未使用領域削除」を実行すると
●●●●● このようになります
----------------------------------------------------------------------------------------- 

データベースの「圧縮」機能についての詳細は下記ドキュメントページを参照してください。
データベースの圧縮(IRIS)
データベースの圧縮

上記と同様の処理を、^DATABASE ユーティリティを使用して実行することも可能です。

%SYS>do ^DATABASE
1) Create a database
2) Edit a database
3) List databases
4) Delete a database
5) Mount a database
6) Dismount a database
7) Compact globals in a database
8) Show free space for a database
9) Show details for a database
10) Recreate a database
11) Manage database encryption
12) Return unused space for a database      <--- 「未使用領域削除」
13) Compact freespace in a database         <--- 「圧縮」
14) Defragment globals in a database        <--- (「DBの断片化解消」)
Option?

※「圧縮」 = 13) Compact freespace in a database
 「未使用領域削除」= 12) Return unused space for a database

14) Defragment globals in a database(「DBの断片化解消」)
「DBの断片化解消」は、指定したデータベースファイルについて、各グローバル毎にデータベースファイル内で連続領域に再配置します。
「圧縮」をより強力にしたものですが、この再配置を行う為には、データベースファイル末尾に十分な空きブロックが必要です。(一般的に見て、デフラグを定期的に実行する必要はありません。)

-------------------------------------------------------------------------------------- 
断片化解消前
♦♦○♠♠○♠♠♦♦♠♥♥♥○♦♦♥♥♦○○○○○○
-------------------------------------------------------------------------------------- 
断片化解消後
♦♦♦♦♦♦♦♠♠♠♠♠♥♥♥♥♥○○○○○○○○○
-------------------------------------------------------------------------------------- 

※注意※
こちらの「断片化解消」機能についても、2015.1.3、2015.2.2 より前のバージョンでは使用できません。使用された場合、「圧縮」機能と同様に、データベース破損が引き起こされる可能性があります。

詳細は、下記ドキュメントページもご参照ください。
データベースのグローバルのデフラグ(IRIS)
データベースのグローバルのデフラグ


該当する製品: Caché, Ensemble, HealthShare/Caché Based, IRIS Data Platform, HealthShare/IRIS Based, IRIS for Health
関連トピック: 作成したデータを削除したのですがデータベースファイル CACHE.DAT のサイズは変化しませんでした。これを小さくするにはどうすればいいですか?
添付ファイル:

アンケートにご協力をお願いします
このトピックは参考になりましたか?
このトピックに関するお問い合わせ

FAQトップに戻る