Version 2009.1.x ~
  ライセンス数超過でカスタムエラーページは表示できますか?

Cachéサーバ側に設定するカスタムエラーページの LICENSEERRORPAGE パラメータに静的ファイルを指定することで、ライセンス数超過エラー発生時に専用の静的ページを表示させることができます。

作成手順は以下のとおりです。

(1) カスタムエラーページ(=%CSP.Errorクラスを継承したCSPページ)を作成します。
 タグの SUPER 属性にカスタムエラーページ用クラス:%CSP.Error を指定します。
 

<csp:class super="%CSP.Error" encoded=0>
<html>
<head>
<title> CSPのカスタムエラーページ </title>
</head>
<body>

エラー時の任意処理の記述/メッセージが記載できます
</body>
</html>

 

(2) カスタムエラーページの LICENSEERRORPAGE パラメータにライセンス数超過時に表示させたい静的ページ名を指定します。 

CSPページ内でパラメータを修正する場合は、タグを使用します。 

カスタムエラーページに LICENSEERRORPAGE パラメータを追加した例は以下のとおりです。

<csp:class super="%CSP.Error" encoded=0>
<csp:parameter name="LICENSEERRORPAGE" VALUE="licenseerror.html">
<html>
<head>
<title> Cache Server Page </title>
</head>
<body>
エラー時の任意処理の記述/メッセージが記載できます
</body>
</html>


(3) 使用しているウェブアプリケーションパスの設定項目にある「カスタムエラーページ」に作成したカスタムエラーページ名を指定します。

 管理ポータル > [システム管理] > [セキュリティ] > [アプリケーション] > [ウェブ・アプリケーション]

その他、同様に指定できるCSPエラーページのパラメータは、下記2つがあります。
 

PAGENOTFOUNDERRORPAGE
OTHERSTATICERRORPAGE


詳細は、CSP エラーの処理についてをご参照ください。
 


該当する製品: Caché, Ensemble, HealthShare/Caché Based
関連トピック:
添付ファイル:

アンケートにご協力をお願いします
このトピックは参考になりましたか?
このトピックに関するお問い合わせ

FAQトップに戻る