Microsoft AccessからODBC経由で接続すると【テーブル'SQLUSER.MSYSCONF' が見つかりません】のエラーがxDBCログに記録されます

Microsoft AccessよりODBC経由でInterSystems Data Platform(以下IDP)のテーブルに接続する場合、xDBCエラーログに以下のログが記録されます。
 

<-30>:<テーブルまたはビューが見つかりません> Prepare テーブル 'SQLUSER.MSYSCONF' が見つかりません


こちらは Microsoft Access の仕様によるものです。
Microsoft Access は、初回接続時にMSYSCONFという専用のパラメータ表にアクセスを行います。
IDPには、この MSYSCONF テーブルが存在しないため、xDBCログにエラーが記録されます。
こちら(MSYSCONF テーブルへのアクセス)は、Microsoft Access の仕様であり、ODBC標準の仕様ではありません。
このエラーによるIDPへの影響はありませんので、エラーは無視していただいて構いません。
他のODBCクライアントを使用する場合は、MSYSCONF テーブルへのアクセスは発生しないため、このエラーは記録されません。

※セキュリティ上の理由から MSYSCONF テーブルの作成が必要な場合は、以下のMicrosoft社のドキュメントページで示すテーブル構造に従って作成してください。
How to store SQL database login IDs and passwords locally

【ご参考】
InterSystems製品ではスキーマを省略するとシステムデフォルトのSQLUserが使用されます。そのため、エラーログに 'テーブル「SQLUser.MSysConf」が見つかりません' と記録されます。
スキーマ名については下記ドキュメントページもご参照ください。

InterSystems SQLの基礎 - スキーマ【IRIS】
Caché SQLの基礎 - スキーマ


該当する製品: Caché, Ensemble, HealthShare/Caché Based, IRIS Data Platform, HealthShare/IRIS Based, IRIS for Health
関連トピック:
添付ファイル:

アンケートにご協力をお願いします
このトピックは参考になりましたか?
このトピックに関するお問い合わせ

FAQトップに戻る