SQL文ではなく、ユーザコードでクラスクエリを記述する方法はありますか?

CachéのクラスクエリにはSQL文を利用する方法と、ユーザコードによる記述が選択できます。

Cachéスタジオメニューの[クラス] >[追加] > [クエリ]を選択すると、クエリウィザードが起動します。

画面に、「実装」を選択する項目があり、「このクエリはユーザコードで定義されている」を選択すると SQL文ではなく、ユーザコードによりクエリ定義が行えます。



次画面以降では、必要な情報として、入力パラメータ、結果セットの選択カラムの指定を行います。 ウィザード終了後、ユーザコードのひな型として、以下のメソッドがクラス定義に追加されます。

{QueryName}Execute()

{QueryName}Fetch()

{QueryName}Close()

({QueryName}はクエリウィザードで指定するクエリ名です。)

これらのメソッドに実際に実行したいユーザコードを記述していきます。

記述詳細は、添付のサンプルをご参照ください。


関連トピック:
添付ファイル: 参考資料(zip)

アンケートにご協力をお願いします
このトピックは参考になりましたか?
このトピックに関するお問い合わせ

FAQトップに戻る