Version 2015.2.x ~
  $ZF(-100)の戻り値に -1 が返って実行できません。なぜですか?

バージョン2015.2以降から、Windows上のインストール環境では、サービス・アカウントを「ローカル・システムアカウント」から Windows の任意の管理者アカウントに変更した場合に -1 が返ります。

この状況を回復するために、コマンドプロンプトを管理者権限で起動し、以下コマンドを実行します。
この設定を有効するためには、インスタンスの再起動が必要です。

※ インスタンス名:CACHE、Windowsの管理者ユーザ:abc、パスワード:xxx を指定する例で記載しています

※  InterSystems IRIS ではcinstallコマンドではなくirisinstallコマンドを使用します。

> cd <インストールディレクトリ>\bin
> cinstall setserviceusername CACHE abc xxx


詳細については、以下ドキュメントをご参照ください。

サービスアカウントの変更について

サービスアカウントの変更について - その2

※注意※
$ZF(-1)および$ZF(-2)には、セキュリティ上の脆弱性があり、その使用が推奨されておりません。
代替の機能として$ZF(-100)が用意されておりますので、そちらをご使用ください。
$ZF(-100)の詳細は、関連トピックをご参照下さい。


該当する製品: Caché, Ensemble, HealthShare/Caché Based, IRIS Data Platform, HealthShare/IRIS Based, IRIS for Health
関連トピック: $ZF(-100) で実行したコマンドの出力を取得することはできますか?
関連トピック:ネットワーク共有フォルダ/ネットワークプリンタの参照方法を教えてください。(2015.2~)
関連トピック:$ZF(-100)の使用方法を教えてください
関連トピック:【IRIS】ネットワーク共有フォルダ/ネットワークプリンタの参照方法を教えてください。
添付ファイル:

アンケートにご協力をお願いします
このトピックは参考になりましたか?
このトピックに関するお問い合わせ

FAQトップに戻る