【IRIS】 ^STURECOVによる復旧方法を教えてください

messages.log に以下のようなエラーが出力され、IRISの起動に失敗する場合があります。

その際の復旧手順をご紹介します。
 

-----------------------------------------------------------------
08/11-08:55:14:180 ( 2224) 1 errors during journal rollback, 
see message.log file for details. 
Startup aborted, entering single user mode. 

Enter IRIS with 
c:\intersystems\IRIS\bin\iris -sc:\intersystems\IRIS\mgr -B 
and D ^STURECOV for help recovering from the errors. 
-----------------------------------------------------------------


これは、ジャーナルファイルの破損によるIRIS起動時のリカバリ処理がエラーになっているということなので、通常起動を行わないで(例:ジャーナルの適用を行わない)、起動処理を行います。

【手順】
1. IRISのインストールディレクトリ以下 bin ディレクトリへ移動し、以下のコマンドを実行します。

> cd C:\intersystems\IRIS\bin  <- \binへ移動
> iris force IRIS


2. 一旦、通常起動処理(STU)を行わないようにして起動します

タスクマネージャで、全 irisdb.exe がないのを確認後、通常起動処理(STU)を行わないようにして起動します。
 

> iris startnostu IRIS     <---- IRIS=構成名 "nostuモード":あとで手動でSTUを行う。
                                                    ※nostu ― スタートアップ・ルーチンを実行しません (^STU)。
> iris start IRIS -s..\mgr\iris.cpf /EmergencyId=xxx,zzz             <---- 空白に注意


%SYS> というプロンプトになったらログイン成功です。

※「Use emergency login to login to the system」 のメッセージが出て、上記プロンプトにならない場合、コマンドプロンプトを起動しているユーザが管理者(administrator または administrators グループ所属)であることを確認してください。

※ Windowsの場合、UACが有効になっている環境では、コマンドプロンプトを「管理者として実行」が必要になる場合もあります。

3. STURECOV ルーチンを実行してジャーナルリカバリ情報をリセットします

%SYS>do ^STURECOV
Do you want to continue ? No => yes          <---- yes
Enter error type (? for list) [^] => JRN     <---- JRN入力
Journal recovery options
...
8) Reset system so journal is not restored at startup
...
Enter choice (1-10) or [Q]uit/[H]elp? 8      <---- 8入力
Are you sure you want to do this? No => yes  <---- yes
Journal recovery options
...
Enter choice (1-10) or [Q]uit/[H]elp? quit   <---- quit
Exiting
%SYS>


4. STUルーチンを実行して通常の起動処理を行います
 

%SYS>do ^STU                    <-----
Start Journaling? Yes => Yes
%SYS>


5. Windowsでは、IRISのランチャーがグレーからカラーの表示に変更したら成功です。
 Windows以外のOSでは、 iris list の結果から status が running であれば成功です。
   ※halt か exit でターミナルを抜けます。

iris list の実行例は以下の通りです。

$ iris list

Configuration 'IRIS'   (default)
                directory:    /usr/irissys
                versionid:    2020.1.0.215.0
                datadir:      /usr/irissys
                conf file:    iris.cpf  (SuperServer port = 51773, WebServer = 52773)
                status:       running, since Sat Apr 18 18:24:10 2020
                state:        ok
                product:      InterSystems IRISHealth
$

その後、IRISを再起動し、再起動が成功したら、messages.log を確認してください。

最後の起動時にエラーが存在しなければ、復旧処理は完了です。

※念のため整合性チェック (Do ^INTEGRIT) を行うようにしてください。


該当する製品: IRIS Data Platform, HealthShare/IRIS Based, IRIS for Health
関連トピック:
添付ファイル:

アンケートにご協力をお願いします
このトピックは参考になりましたか?
このトピックに関するお問い合わせ

FAQトップに戻る